静岡県静岡市貸衣裳の老舗|卒業式袴レンタル|成人式振袖レンタル|男性袴レンタル|和装結婚式|モーニング・留袖レンタル|七五三着物レンタルなど|株式会社京都むらまつ
 ホーム > 会社概要 > 挨拶・目標・社訓
会社概要 |  THEME02
挨拶・目標・社訓
京都むらまつの「志」をお伝えしていきます。
<挨拶>
<挨拶>

2008年9月入社、現代表取締役社長の長男の村松佑基です。弊社は昭和25年からの衣裳の老舗であります。今では貸衣裳が中心ですが、販売・卸しも行っていた歴史があります。現代表取締役社長は二代目で、高校を卒業後、衣裳の道を選び知識・経験共に豊富であり、今では大手の同業者も参入している「卒業式袴大学内展示会」を静岡で初めて行った方であり、人情もある方で私も尊敬しております。さて、弊社の特徴は「良い物をお求めやすく」をモットーとして良い物をできる限りお求めやすくしており、他に「キチンとした仕事」「便利なお店」「信頼されるお店」を常に心がけ、着付け・美容・写真すべて静岡で名の通る専門のプロにお願いしております。そして何よりも「接客」が大切であり、お客様のニーズにできる限りお答え出来るようこれからも努力していきます。最後に弊社でお貸しした衣裳、スタッフの接客がお客様の何かの役に立てたのならば、この上ない喜びです。この喜びも全てお客様と弊社のスタッフがコミュニケーションをとり信頼の上でできたものです。ですからこれからも信頼されるようなお店づくりをしていきたいです。
※画像は、2016年5月北海道一人旅行中「網走」にて観光客の方に撮って頂いたものです。

<目標>
<目標>

目標 <親切で心のあるお店>
目標 <困った時に頼りにされるお店>
目標 <信頼されるお店>
目標の背景:
当社ではお客様のニーズはもちろん、その場にあった装いをアドバイスし、その場にあった装いでお客様が喜ばれる衣裳やお仕度をさせて頂きます。その場の利益を優先せず、親切にお客様のニーズ・状況に当てはまる商いを行なわさせて頂き、冠婚葬祭やイベント時には「むらまつさん」と言って下さる方が一人でも増やせるように頑張っています。お客様の大切な場面での「装い」。その為、責任のある仕事です。「キチンとした仕事」「親切でお客様が気楽にニーズを言える接客」「安心してリピートしたくなるお店づくり」を行なっていきます。
画像は、現代表取締役社長です。

<社訓>
<社訓>

・信用は無限の資本なり。
・笑顔で迎えて、感謝で送れ。
・若いうちに働け、そうして苦しめ。
・努力なくして発展なし。
・正直は誠実とともに喜ばれる。
・反省は前進の原動である。
・不平は出世の行きどまり。
・責任ある仕事をせよ。
・受けた情は忘れるな。
・仲よく働け、笑って暮らせ。
・いらっしゃいませ、ありがとうございます。
創業者:(故)村松 金一 初代社長
※画像は、社長訓とありますが、社訓として長年読まれています。

<ロゴ>
<ロゴ>

<ロゴに秘めた想い>
※京都むらまつのKを人間っぽく表しています。このKは「京都むらまつ」や「お客様」を指します。
※ハートはむらまつのMをハートっぽくしました。このMは「心」や「思い」を指しています。
・京都むらまつ(K)が心を込めて(M)お客様に接客などを行います。
・お客様(K)の大切な場面を大切にしたい(M)と心掛けます。

ページの先頭へ